楽しくウォーキング

2月3日 横浜ラポールにて保健活動推進員と食生活改善推進員の合同全体研修会が開かれました。
黒田恵美子先生のいつまでも元気に歩ける体つくりのコツについての講演がありました。

CIMG1405 CIMG1410

私達もウォーキングをしていますがただ歩くだけになってしまいがちです。
もちろん一番大事なことはその習慣ですがもっと効果的にするにはどうしたらいいかという課題にこたえてもらいました。
平均寿命は83歳、平均健康寿命は72歳、その差11年は介護の時間で家族にとっても国家にとってももったいない時間です。
もちろん個人差はありますがその時間をなるべく少なくするためには歩行運動です。
無理をせず痛ければ休む。そして歩くことは良い姿勢で手を後ろに振るようにします。
みんなも自分の席で立ったり座ったりしながら良い姿勢、歩き方を学びました。

効果的なウォーキングの基本として7つのことを知りました
①一日トータル8000歩。毎日歩くのが大変なら60分週3回でもよい
②楽に歩くより少しきついかなぐらいが良い
③歩く時間は体温の高い夕方が良い
④より良いフォームで
⑤足に合うシューズを選ぶこと
⑥持ち歩くカバンは種類を変えること
⑦必ずストレッチをすること

CIMG1415 CIMG1409

CIMG1422

師岡町の推進委員の座る席が一番前の真ん中!特等席
寝てしまってはいけないと心配しましたがとても真剣に楽しく有意義に講演を聞くことができました。
これからのウォーキングにも生かしていきたいです。
次回ウォーキングは2月25日です。
ぜひ皆さんご参加ください。

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (12)
  • 興味が持てた (2)
  • 有用でした (4)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (0)

5 comments

  1. より:

    持ち歩くカバンを変えるは逆をやってました、散歩の時はこれ、みたいに。
    雰囲気を変えなきゃね。

  2. tareko より:

    私もkさんと同じですが、持ち歩くカバンの種類を変える理由は?気分を変えるとかですか?両手が空くものとか、軽い物とかですか?

  3. kayarin より:

    カバンを変えるのは歩行に偏りがないようにするためです
    いつも同じものだと歩行姿勢が悪くなるそうです
    リュックにしたり型カバンなら斜め掛けまたウエストポーチにしたりするとよいようです

    • tareko より:

      なるほど~、いつも同じ側の肩にショルダーバックをかけていると体がゆがむから反対側でも持つようにと言う事を訊いた事が有りますが、その通りなんですね。回答ありがとうございました。

      • より:

        私は家で年中、左の肩が下がっていると言われているんですが歩き方が悪いのか、右手しか使えない不器用なのが原因か、バックがいけないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です