熱心に体験 小児救命教室

 

毎年の恒例となった小児救命教室。今年も9月12日「ひまわり」の時間に開催しました。

ここ数年感じる事は、参加された方々は非常に熱心で、講義にシッカリと耳を傾け、積極的に体験参加されている事、沢山質問をしている様子が見られる事です。講義終了後も消防の方に質問している様子を見るにつけ、小児救命教室を開催して良かったと思うのです。

DSCN0933     DSCN0931               

DSCN0930   DSCN0929         

呼吸が止まっていたら、まずは助けを呼ぶ、誰も居なかったら自分で119番。乳児(1歳未満)は人工呼吸から、幼児(1歳)以上は心肺蘇生から始める。と先生は繰り返し言っていました。

機会が有ったら講習会に参加する。見て聞くだけでも参加しなかった人より出来る。体験した人は体験しなかった人より出来る。何回も体験した人は自信を持てる。これも自助の一つ。

来年も開催します。      

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (19)
  • 興味が持てた (3)
  • 有用でした (3)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です