スタンドパイプ式初期消火器具取扱い訓練に参加してきました

 

仲町内会の相沢畳店前にスタンドパイプ式消火器具が設置され、取扱い訓練が行われました。

まじめな話をする前に・・・訓練に参加された方々は、ピチピチのヤングと、ちょっとだけ・・・?昔のヤングボーイやレディー達。あこがれの消防士さんになった気分、水遊びをする子供のように楽しんでいました。

DSCN0855     DSCN0856

消防車が来るまでの間、消防団や私達住民が力を合わせて家庭用の消火器で消火出来なかった火災の近隣への延焼を防ぐために使うのだそうです。水は60メートルまで飛ばす事が出来るそうですよ。

DSCN0838     DSCN0851                          家庭用消火器を設置している家は沢山あると思いますが、取り扱い方はご存知ですか?設置しているけれど使っ事が無いと言う方が殆どだと思います。火災が発生しなければ使う必要がないですものね。正しい取り扱い方を学び、初期消火、又は消火を諦めて避難するタイミングや安全に避難する方法など少なくとも年に一回は体験しておきたいものです。

DSCN0861    DSCN0867                   バケツリレーは向かい合わせに2列に並んで、隣へと渡していく方法と斜め向かいの人に渡していく方法を体験しました。ホント皆楽しそうですね!事実楽しかったですよ。

今回の訓練は、仲町内会主催で役所の方と消防団の協力のもと、港北消防署予防課の方の指導で、初期消火の為の家庭用消火器の取り扱い、近隣への延焼を押さえるスタンドパイプ式消火器具の取り扱い方、住民皆で力を合わせるバケツリレーなどを体験しました。

皆さん、訓練で体験しておく事は必ず役に立ちます。積極的に参加しましょう。

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (12)
  • 興味が持てた (3)
  • 有用でした (1)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (0)

2 comments

  1. より:

    みんな楽しそうですね。訓練も楽しくやれば身につくし、参加したいと
    思うようになりますね。打越でもやりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です