ホームページのサーバー移転完了お知らせ

 数日来、移転の作業を行なっておりましたホームページの発信基盤となるサーバーの移転作業を、おかげさまで無事に終了することができました。

 一ヶ月以上前から準備を進めて、3日からは最終段階の準備、そして昨夜は、インターネットに接続される接続(線路のような道)の切り替えを行い、「表面的には、何もなかったように(今回の移転では、もっとも理想的な)、以前と同様な状態とすることができました。

 ただし、これからも数週間程度、おかしな動きをする場合がありますが、システム上の問題ではないので、ご了承下さい。

 何も変わらないこと、無事に終わったことが喜ばれるのでなく、「なんだ。何も変わってないじゃないか!」との声も聞こえてきそう。今回の作業は、ホームページそのものではなく、その基盤でしたので、「変わってしまったときは失敗した」ということでしたので、ご了解下さい。

 今回のサーバー移転先は、どちらかというと業務用に使われることが多いという場所で、インタネットへの接続も接続容量が大きく(高速)、さらに、記事の収納容量も大きく、すでに900以上もの記事があり、ますます記事も増えることにも、充分対応できると考えております。

 今回の移転は、数日前からは緊張の連続で、夢の中でも「これ、やったっけ?」でハットして目覚めたこともしばしばでしたが、本当の緊張は、接続点の切り替えで、昨夜(深夜)の「切り替えスイッチ」をクリックしてから、ウロウロするような脳裏を押さえながら、数時間後にホームページにアクセスして「問題なし!」と思うまでは安心することができませんでした。

 この安心をバネに、これからも、みなさんが安心してホームページをご覧いただけるように努力したいと思います。

 さて、この一連の作業ってどんなことだったのだろうか? と考えていて、むかしから興味を持って見ていた鉄道の駅舎地下化や線路の高架工事を思い出しました。

 東横線沿線に長く住んでいますが、(私の記憶にある)駅舎地下化、高架工事は、たくさんあります。

 日吉駅、田園調布駅の地下化、武蔵小杉から元住吉駅の高架に伴う、(尻手黒川線)道路の高架から地上への移設、菊名駅の高架、さらには、渋谷駅の移転に伴う代官山駅など、たくさんの工事がありましたよね。

 駅舎の工事には、線路の移設工事が伴い、工事の最後、旧線路から新線路への切り替え工事は、とってもダイナミックなもので、一度は切り替えの誇示を見てみたかったと思っていました。

 元住吉駅のすぐそば(日吉より)に、綱島街道木月4丁目の交差点で尻手黒川線という川崎市を南北に走る道路があり、ここは、線路が平地を、道路が高架されて走っていました。

 この立体交差が逆にする(線路を高架、道路を平地に)工事が、10年前の2006年6月23日の深夜、最後の切り替えの工事を行なわれました。

DSC00083 実は、この日の深夜、東横線の終電が終わった直後から、高架された線路と、道路の切り替えが行なわれました。
線路も道路も直前まで利用されていましたが、線路の高架は、高架道路との接点を残してすでに工事は終わっていますし、道路も、高架部分は仮橋となり、すでに平地に出来上がっています。

左の写真は、切り替え後のもので、高架された両側の線路と、間に見える橋のようなものが、つい、数時間前には、車が走っていた道路の残骸です。

 

DSC00087

高架された線路上には、現在では見ることも少ない東横車両が走っています。

工事服の工事関係者がたっているところは、平地の道路になった場所で、センターラインもすでに引かれています。

この工事、武蔵小杉駅に、高架で乗り入れる東横線の工事関係者、元住吉駅高架に伴う工事関係者、そして、珍しい逆の立体交差工事の関係者、どのくらいの工事関係者で行なったのだろうか?

 おそらく、軽く1000人は越えていただろう。そして、深夜からの見物客も、相当な人がいました。私も、そのうちの1人になっていたものでした。

 電車に乗っている人にとっては、いつもと変わりない時間で、自分を移動させてくれる。そして、線路という基盤の工事、切り替えと、ある意味(関係者には起こられてしまうけど)、今回のホームページを運営する基盤であるサーバー移転も同じだったのではないだろうかと思いました。

 これからも基盤の整備も怠らず、やっていきます!

広報部HP運営管理担当 武井

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (13)
  • 興味が持てた (0)
  • 有用でした (0)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (0)

4 comments

  1. 気持ちは裕次郎!! より:

    武井さんはじめ関係者各位 ご苦労様でした 小生はどの位の大変さ そして喜びは想像できませんが おめでとうございます。これからも宜しくお願い致します ありがとうございます
     

  2. ebihara より:

    アクセススピードは、早くなりましたね。ご苦労様でした。
    システム屋としては、表面的にサラッとやることの難しさは良くわかります。
    今までは、出来なかった事が可能になったでしょうから、単なるホームページの機能改善ではなく、コンセプトからの見直しが必要かと思います。
    今後、定例会で検討して行きましょう。
    お疲れ様でした。

  3. 子ども会・加藤 より:

    お疲れ様です。無事にサーバー移転終了とのこと、ありがとうございます。
    本当、前よりもさくさく動いてますね。すごーい!!

  4. 河村 太喜 より:

    サーバー移転作業、お疲れさまでした!
    「何事もなかったように、日常に戻す」ことの大変さ、よ~~~くわかります。
    すんなり見られるようになっていますね!うれしいです。
    会館予約状況もすぐに開けました♪
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です