味の素川崎工場の見学  消費生活推進員

味の素川崎工場は、京浜急行川崎駅から太子線に乗り、鈴木町駅で下車1分。鈴木町とは、創業者の鈴木三郎助の名前をとっての駅名ですが、町の住民は1人もいないとの事、全て味の素の工場敷地になっているそうです。

明るく清潔感のある工場で、見学はバスでの移動でした。

体験コースは「味の素コース」「ほんだしコース」「COOK DOコース」があり、私達は「味の素コース」を体験、白衣に着替えて無菌の部屋での実習でした。

容器に味の素を詰める作業でしたが、毎日使われている「味の素」の安全性を確認する事が出来ました。

そのあと、うまみ成分の入ったみそ汁と入っていないみそ汁の飲み比べでは、味のちがいがはっきりとわかりました。

うまみには甘味、苦味、酸味、塩味があり、それぞれの素材の味を引き立たせ、料理を美味しくする基本の味です。

現在、食の安全が叫ばれています。それぞれの企業では安全第一をモットーに、新製品の研究、開2016_0524_145850-IMG_0568発に2016_0524_134142-IMG_0560力を入れているようです。

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (5)
  • 興味が持てた (2)
  • 有用でした (2)
  • ちょっと退屈 (1)
  • わかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です