「悪質商法について」の講座を開催しました。

講演会12月7日(月)

 師岡町内会館で、神奈川県消費生活センターの専門相談員が「最近多い事例」を具体的に話しをしてくださり、出席された方は、熱心に聞き入っていました。

12月に入り、世の中があわただしくなりました。事件や事故も多くなります。

良い新年がむかえられますように、充分お気をつけておすごしください。

 「188」 

相談窓口です。

困った事がありましたらまず電話をして相談をして下さい。

DSCN0608DSCN0613DSCN0603DSCN0601

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (4)
  • 興味が持てた (2)
  • 有用でした (1)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (0)

3 comments

  1. ebihara より:

    有用な講座だったようですね。
    例えば、どんな手口でだまされるのでしょうか? 2,3例を教えてください。

  2. 消費生活推進員 安田紀美代 より:

    消費生活主催の「悪質商法に合わないため」に講座について

    最近多い手口のいくつかの事例をあげてみます。
    ・電話で息子を名乗って金を請求する。現在一番多い。
    ・電話で儲かる話をして未公開の株を買わせる。
    ・送りつけ商法 注文しないのに品物を送ってきて買わせる。
    ・不要な着物を高く買い取りましょうと家にやって来て、貴金属を安く狙っている。

    まだまだ色々な手口があります。うまい話には乗らない。
    きっぱり「いらない」「帰ってください」と断わりましょう。   安田 記

  3. ebihara より:

    いろんな手口があるんですね。
    実家に一人で住んでいる84歳の母親ですが、家の玄関の前に頼んだ覚えのない家具が置いてあったそうです。すぐに警察に連絡して、引き取ってもらったそうです。
    うっかり、家に入れたら商品代として多額の費用を請求されていたかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です