お・も・て・な・し!?・・・減災行動その2

50年来の親友が、大腸ポリープ切除手術を受け3日間の入院から帰って数日後の昨日、買い出しに付き合いました。

重いものをたくさん買って彼女の自宅に荷物を降ろすと、「はい、これ・・・」と手渡されたものは懸賞の応募はがき。

応募用のシールがびっしり貼ってあり、よく見ると私の住所氏名など必要事項がきっちり書いてあり

ご丁寧に切手まで貼ってある。「あなたがやるのはこの中からほしいものを選らんで番号を書いて投函するだけだよ」

まったく私の性格を良くご存じで・・(*^_^*)

おもてなしをしたつもりが・・・・・

ちなみにハムとソーセージの詰め合わせを選んでさっそく投函しました。当たるといいなぁ(*^_^*)

 

01087-450x337

 

さて減災行動についてですが、沢山ありすぎてお伝えしきれませんが、家具の固定や避難袋は作ってあると想定して

次にしておいたら良いかなぁと思うのは

家族がそろっているときに災害が起きるとは限りません。

そこで連絡方法や集合場所などを確認しておきましょう。

外出先で災害にあった時のために、良く行く場所からの、徒歩での帰宅経路の確認をしておきましょう。

職場で災害にあった時は、帰宅を急がず、交通機関などの情報をしっかり確認のうえ、職場に宿泊する覚悟を持ちながら

あわてずに帰宅を選びましょう。そのためには宿泊セットや歩きやすいスニーカー、持病の処方薬等職場に準備しておきましょう。

携帯電話や固定電話はつながりにくくなります。しかし公衆電話は使えるはずです。なので10円玉をバックに入れておきましょう。

また、10月6日避難訓練をやります。

災害が起きた時、どのように拠点を運営すればうまく乗り切る事が出来るのかを想定してやってみます。

参加してみましょう。

家庭防災部

※※※ あなたの反応に近いボタンにチェックを! ※※※
  • 素晴らしい (1)
  • 興味が持てた (5)
  • 有用でした (0)
  • ちょっと退屈 (0)
  • わかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です